湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

江里ブログ

2017年

5月

12日

シクロスポリンと中枢神経障害

シクロスポリンは我々の領域では免疫抑制剤として、主に再生不良性貧血や赤芽球癆に用いられる薬剤である。経口剤は主に小腸で吸収されるが、体内薬物動態は個人差が大きく、血中濃度をチェックする。また脂肪に溶けやすい性質から脂肪の多い組織での局所濃度が高い(例えば肝臓、膵臓、腎臓、甲状腺、副腎、皮膚など)。脳血液関門は通過しない。
シクロスポリン投与中は血圧が急に高くなってくる人がいる。それにより頭痛などが生じる可能性もあるが、それ以外にも血中濃度の増加で振戦、しびれ、頭痛やけいれん、幻覚、小脳失調、白質脳症などまで神経障害を起こすことが知られている。
シクロスポリンを飲んでいる人は他にも複数の薬剤を免疫抑制に対して飲んでいることも多いため、それらの影響も考えつつシクロスポリンによる腎障害、腎臓からのマグネシウム再吸収低下で低マグネシウム血症になるなども関係しているかもしれない。臨床では様々な原因を同時に考えつつ、でもシクロスポリンそのものでも中枢神経副作用が起きることを知っておくことが必要である。

研修医ブログ

2017年

3月

21日

2017年2月ローテートした小野です。

小野亮平Dr
小野亮平Dr

初期研修医1年目の小野亮平です。内科研修の1ヶ月間を血液内科でローテート研修させていただきました。
血液内科として過ごした1ヶ月間、客観的に血液内科の先生方の診療を見させて頂いての感想を述べさせて頂きたいと思います。

僕自身は現時点で内科志望でありますが、この1年間で内科のみならず色々な科を回りたくさんの患者さんと接する機会がありました。
その中でも背景疾患として血液系の疾患を有する方も多く、そのマネジメントや評価に難渋することもあったことが正直なところです。
この1か月を通じて血液内科の”疾患”を学ぶことよりも、血液内科としてのアセスメント方法や予測医療としての側面を学べたことが僕自身は一番勉強になりました。
血球が減少している方、DICの方、FNの発熱など教科書で勉強するよりも実際に患者さんを目にして遥かに重症であり、対応に慎重を要することが何度もありました。
そのような事態に備えて、事前策として様々な予防を施す医療を実践しており、個々人に対してpersonalized and predictivemedicineを施している面が印象的です。                      <次へ>

続きを読む
医者の不養生

2017年

1月

10日

白血球をあげる食事

オッソ・ブッコ
オッソ・ブッコ

「白血球をあげる食事はありませんか?」「血小板をあげる食事はありませんか?」
   血液内科の患者さんの中には、免疫力を担当する白血球が少なくなったり、血の色の元になっている赤血球が足りなくなる方が多い。
 外来で、よく受ける質問が食事の質問だ。日々の食事の中で滋養を養い、病を少しでもよくしたいという患者さんやご家族の心情が伝わってきて切ないのだが、残念ながら今のところポパイのほうれん草は見つかっていない。
 よく貧血にはレバーがいい、鉄分がいいと言われるが、貧血にもいろいろな種類があり、鉄分は足りているのに赤血球が増えないといったタイプもあるため、一概に言えないこともある。

 しかし古今東西、この私たちの悩みの種となっている血液の製造工場=骨髄そのものを食べる料理はたくさん存在する。
 イタリアではオッソ・ブッコという子牛の骨付き肉を骨髄ごと煮込む伝統的な料理があるし、フランスでは ロス・ア・モアルという、牛の骨髄をそのままオーブンで焼いて食べる料理もある。昔の貴族はカニの身をすくってすくうスプーンよろしく骨髄スプーンを持っていたそうだし、アメリカ料理の母とも言えるマーサスチュワートも骨髄スプーンご愛用と聞く。                        

続きを読む
スタッフブログ

2016年

9月

21日

リハビリテーション科より~その3~

今回は実際に患者様のご家族から頂いた質問に対してお答えします。緩和的治療を受けながら在宅で生活されている患者様に対して、何とか立ち上がりや立位が維持できるようにしたいとお話がありました。

実際のところ、在宅で生活されている患者様は病気の進行などによる様々な症状があります。その中でも食事摂取量が低下してしまうことが多いです。身体の中に栄養がない状態で、過剰なトレーニングを行うと却って筋力低下を起こす可能性もあります。

このような状況で立ち上がりや立位をどのように維持するかですが、介護者も行えるいくつかの方法を説明します。
上記のような患者様はベッド上で過ごすことが多く、下肢を曲げた安楽な姿勢で過ごすことが多いです。立つことを考える場合、下肢が曲がったままになってしまうとそれを保持するためにより強力な筋力が求められます。そのため最低限の関節可動域、筋力の維持が必要と考えます。

続きを読む
臨床心理士ブログ

2017年

4月

29日

自己実現とは~新年度にあたって~

 新入職・新入学にあたって、社会場面において「自己実現」という言葉を耳にすることが多いのではないでしょうか。また、これまでも「自己実現」という言葉に様々な場面で出会ってきた方がいらっしゃると思います。

 今回は「自己実現」について簡単に説明していきます。

続きを読む