湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

感染症NEWS

2014年

8月

04日

エボラ出血熱について

1.概要

続きを読む

2014年

4月

15日

黄熱(Yellow fever)について

FIFAワールドカップ開催まであと二か月となりましたね。2014年のFIFAワールドカップは6月12日から7月13日にかけてブラジルで開催される予定で、日本は5大会連続5度目の本大会出場が決定しています。
ワールドカップ観戦でブラジルに渡航する方もいらっしゃるでしょうが、「黄熱」の予防接種をすることが推奨されているので、予定が決まったら早めに予約して接種を受けましょう。黄熱の予防接種は全国25箇所の接種機関で実施していますが、大会直前など渡航のピーク時期は予約出来ないこともあるようです
(年間接種者数が少ないことや国際的な証明書を交付する観点から、指定された検疫所のみで受けられます)。
楽しい思い出が出来るよう、各自で対策をしてお出かけになって下さい。

続きを読む

2014年

3月

14日

ダニ媒介感染症

2013年1月、国内で初めて死亡者が確認されたダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について今回は取り上げます。
現在、北海道から九州まで少なくとも30都道府県でウイルスが確認され、これまで国内で21人が死亡しています。草むらや藪に生息するマダニ(体長2~10mm)に咬まれ感染したようです。
マダニは山の中ではイノシシなどの野生動物の表面について吸血していますが、ペットの犬や猫などに付いている場合もあります。
ワクチンはなく暖かくなるにつれマダニの活動が活発になることから、ペットへの対策も大切です。

続きを読む

2013年

4月

08日

鳥インフルエンザH7N9型について

中国国家衛生計画出産委員会は3月31日、上海市の男性2人と安徽省の女性が鳥インフルエンザに感染し、男性2人が死亡したと発表しました。女性も危篤状態となり、病院で治療を受けています。その後も拡大の様相をみせ、6人の死者が出ています。このウイルスによる中国国内の死者は6人、感染者は18人となっています。
感染ルートは不明で、彼らと接触した人を調べても異常は見つかっておらず、感染力など詳しく調べていますが、外務省は3日、上海周辺の滞在者や渡航予定者に注意を呼び掛けています。
H7N9型のウイルスはもともと野鳥が保有している弱毒性のウイルスとされ、鶏などの家禽(かきん)が感染しても死亡率は低いと言われています。一般的にヒトが感染するのは感染した鳥や排泄物、動物の死体、臓器などに濃厚接触することによって感染します。日本で発症した人は確認されていません。

続きを読む

2013年

2月

04日

コロナウイルス感染症について

今回は海外で報告されている感染症について紹介したいと思います。 今では手軽にかつ費用も安く海外へ行ける時代となりました。ですが日本と違った環境では注意しないといけない事項も多くあります。

2012年9月23日に英国からサウジアラビアとカタールへ渡航歴があり腎不全を伴う急性呼吸器症候群の患者についての報告があった、とWHOが公表しました。
元来健康であったカタール人の男性で、発症前にサウジアラビアへの渡航歴がありました。
9月3日に症状が出現し、カタールから英国へ緊急移送され検査をしたところ新たなコロナウイルスと確認されたそうです。
その後も各国からWHOに報告があり、まとめると新種のコロナウイルスに感染したと確定された患者は合計で9人となり5人(うち3人は死亡)がサウジアラビア、2人はカタール、2人(2人とも死亡)はヨルダンから報告されています。

続きを読む

2012年

12月

03日

ノロウイルス感染症について

ノロウイルス感染症に注意しましょう。

続きを読む