湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

長期間続く腰痛

鑑別

骨髄腫が頻度としては高いですが、ほかに脊髄周囲に腫瘤を形成(形質細胞腫や悪性リンパ腫)する血液疾患があります。

確認すること

長期続く腰痛ではCBC特に貧血の確認、TP,ALB,BUN,Cre,Caを確認してください。
もし麻痺や神経障害、膀胱直腸障害が出現している場合は電話連絡をお願いします。

当院で行う検査など

CT、MRIの画像検査をします。すでにとられているレントゲンなどがある場合にはこちらに貸与をお願いします。