湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

コミュニケーション(3) ~聞くこと~

 コミュニケーション=やり取りは、人と関わりを作っていくことであり、それが「関係」や「社会」を作っていくことが、これまでの流れから見えてきたように思います。
 今回は、「関係」の中で重要な「聞くこと」とは、どんなことなのかを考えていければと思います。
 難しく言うと「理解」の話です。

 人と人が「やり取り」をするにあたって最も重要なことの一つとして、「聞くこと」があります。「聞くこと」をなくして、相手の思いを受け取ることや考えを知ることは難しくなります。
 それでは、「聞くこと」とは、どんなことと言えるでしょうか?

 それを考えるには 「何を」 聞くのかが大事になります。つまり、わたし達が「何を」聞こうとするかで、「聞こえること」は変わってきます。ですので、わたし達が「やり取り」をするときには、できるだけ「相手が言いたいことや伝えたいこと」を聞くことが大事になります。そうすると、自然と相手に対して「わからないこと」が出てきます。これが「質問」につながります。「質問」とはつまり相手への興味・関心です。これが「相互」に行われていきます。

 「聞くこと」に目を向けると、気がつけば「やり取り」になっていますね。

 このように考えると「聞くこと」=「受け取ること」であり、それが「何を聞くのか」によって支えられていることが見えてくるように思います。
 
 そして、「聞くこと」は「話すこと」によって補われていきます。          つづく・・