湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

6月のローテーター

6月の血液内科チーム
6月の血液内科チーム

 病棟業務は研修医の協力なしではやっていけません。
今は国の方針で入院期間(在院日数)を短くすることが求められており、また出来るだけ外来で検査や化学療法をすることが勧められているため、上級医は外来負担が以前にもまして大変になっています。 しかし病棟での仕事も安全・患者説明・指導などをよりしっかりと行うことが求められているため、一人の医師が全てをこなすのは困難です。

 当院では・・・・

病棟での指示は主に研修医に依頼。でも回診は毎朝一緒に行います。彼らには明るく楽しい回診を心掛け、
患者さんに元気を与えることを意識するよう話しています。また、短い時間の中でどれだけその日の患者さんの状態を把握し、その日の方針を掴むか、それも才能と技術だと思います。私はターミネーターのように短時間で患者さんをサーチしなさい!といつも言っています。

そして私には出来なくて研修医に出来ること。それはベットサイドに行って生の声を聴くこと。その時間と密度。それは私に勝てることだ、と伝えています。患者さんは私には言えないことも真摯な態度で話を聴く研修医には話してくれることもあるのです。