湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

3月ローテーターの大山です。

大山 宗徳Dr
大山 宗徳Dr

私、大山は3月に血液内科を1ヵ月ローテートさせていただきました。田中先生、玉井先生、佐藤先生、郭先生、南出師長、他ナースさん達たくさんの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。
 私が血液内科をローテートして特に心に残ったことは以下の2つです。
一つは血液内科での患者さんとの関わり方でした。血液内科の患者さんは自分がもともと想像していたよりもはるかに前向きに生きており、辛い治療の中でも笑顔を絶やさずにいらっしゃいます。そのような方々に対して、健康状態をチェックするだけでなく趣味や家族について注意しながら治療を行うことは、患者さんにとっても医療者にとっても非常に重要なことであると思い、”患者さんと密に関わる”ということを知りました。今後他の科をローテートする時も、自分の進路を決めた後も、出来る限り患者さんと密に関わって治療していこうと思えました。

 もう一つは専門家の考え方でした。患者さんの治療を行う中で出てくる疑問を突き詰め、時には分子レベルにまで落とし込み常に答えを出そうとするスタッフの先生方の姿勢は本当にすごいと思いましたし、それこそ医学を楽しむ方法だと思いました。どんな小さな疑問もそのままにせず、調べていく過程で患者さんについて詳しく分かっていく事は本当に楽しかったですし、この感覚はいつまでも忘れずにいようと思えました。
他にも色々考えたことはありましたが、大きくは上記の二つです。社会人一年目の1年間の中でも特に有意義な1ヵ月を過ごさせていただき、本当にありがとうございました。