湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

4、5月ローテーターの浦山です。

浦山 将司先生
浦山 将司先生

湘南鎌倉総合病院血液内科・・・ここが医師人生の原点となりました。

あ、こんにちは。現在こちらで研修させていただいております、新研修医の浦山将司と申します。このような素晴らしいブログに駄文を載せるのは恐縮ですが、僭越ながら一筆執らせていただきたいと思います。

・・・毎日自分が嫌になります。
知識がなく知恵もなく、言われたことが理解できず、すぐに忘れてしまいます。何度も同じ失敗をし、人の話も聞けず、聞えていても目が開いていません。アホな質問で周囲をドン引きさせたり、不安や緊張や焦りを伝えてしまいます。人に迷惑ばかりかけ、何の役にも立てていません。病院にいるだけで働いているとは言い難く、給料をいただいているのが申し訳ないとすら思います。

それでも田中先生をはじめとする全ての心あるスタッフ、または患者さんからこの上ない愛情を持って育てていただいているのを実感します。新人冥利に尽きる瞬間です。
そんな自分ですが、誰にも負けないと思える毎日の仕事が一つだけあります。それは”輸血”です。パックに管をつなぐだけで一見地味ですが、医師のみに許された行為であり、これで命を繋いでいる患者さんも少なくありません。だからこそ、誇りを持ってやらせていただいております。
「その組織は、そこに属する最低レベルの人間で決まる」という考え方があります。
賛否両論あると思いますが、それに当てはめれば湘鎌の血内は自分の成長にかかっている、つまり自分こそがキーマンだ、と言うことになります。そう思うとワクワクしてきます。毎日本当に楽しいです。
まだまだ初心者の域を超えられていませんが、少しでも何か出来るようになるべく地道に頑張りますので、これからもご指導・ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。
                             文責:浦山 将司