湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

猛暑が始まりました。

梅雨があけたようで猛暑がもう始まりました。鎌倉はそれでも海岸に近いために風が通り、涼しさを感じることが出来ますが、内陸のほうが心配です。偏西風の影響で今年は猛暑が予想されるとのこと。今日もすでに都心は34度らしく、雨がしばらく降らなければ夜も寝苦しくなります。

熱中症がかなりマスコミで言われていますが、6月から7月にかけての皆さんの採血をみると、いつもより脱水ぎみのパターンの人が多いなーと思っていました。腎機能障害をみるのにBUN,Cre(クレアチニン)という項目をみるのですが、BUNが上がってCreが上がらない時には消化管出血や脱水気味かということを考えます。それほど問題視するほどのデータ異常ということではないのですが、いつもよりBUNの上がっている人が多いように感じました。利尿剤を飲んでいる特にご高齢の人は、冬はそれで大丈夫でも夏になり発汗が多くなったり、夏バテで食事がとれないと脱水気味となり、更にそれが元気をなくし食事がとれないということにつながります。脱水症は決して「脱水です」と言って来院するのではなく、何か元気がなくなった、食事がとれない、などという症状で患者さんはいらっしゃいます。心臓が悪くてたくさん利尿剤を飲んでいる人、血圧が高くて降圧剤を飲んでいるが明らかに血圧が20-30も下がっていたりする人で、どうも調子が悪い人は医師に相談してみるとよいかもしれません。私の患者さんの中にも自分で血圧を測定して低いことから夏だけ降圧剤を調整したい、という方がいます。また、よくニュースで取り上げられる熱中症で倒れる人は自分は大丈夫という意識で熱い中でも外に出られるからだと思います。今日みたいな日は出ないに限ります。