湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

神奈川県南血液内科セミナーで発表しました。

ブリストルマイヤーズ主催で、神奈川県の病院で1~2名の血液内科の医師で診療をしている施設に声掛けをして情報共有、互いの顔の見える関係を作るために研究会が行われました。静岡県の東部地域の先生も誘う予定でしたが、忙しく今回は参加いただけませんでした。
この中で私たちは2例のフィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ性白血病(ALL)の症例を発表しました。 予後が悪い疾患なのですが、最近はチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)を用いることで明らかに予後が良くなっています。しかし移植をしないと治癒には持ち込めません。ですが高齢者の方も多く、現時点では通常の化学療法の併用までも出来ない方がいます。それらに対してどうするのか検討を行いました。

また特別講演には関東CML研究会のこれまでの臨床研究の報告を、都立駒込病院の坂巻先生にしていただきました。各施設共にたくさんいるわけではない患者さんをどのように集めていき、研究として結果を出していくか、地道に参加施設を呼びかけていくことだと教えていただきました。

発表も終わり気が少し抜けた二人です。