湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

夏の研修医面接会

今月も研修医との食事会を行いました。今年当院の総合内科研修に参加した上田先生が2か月血液内科をまわってくれています。骨髄腫の患者さんがどのような症状で来て、発症してから骨髄腫と分かるまでどのくらい時間がかかっているのかを調べてもらったり、論文の中で薬剤によるQT延長(不整脈につながる)などにも興味を持ってもらったり。ただ働くだけではなく、なんとか血液疾患に興味を持ってもらうように我々も努力しています。当院の血液内科医を増やすことだけではなく、日本全体でもこれからも治療の発展が続く血液疾患に興味をもってもらう人を増やしていくことも、我々の仕事といえます。

夏の海辺を眺める男という感じですが、岡山から当院に研修にきている1年目の清水先生も今月は血液内科をまわってくれています。研修医には管理の上で少し難しい領域ですが、どのように短時間で患者さんの診察をするのか、医師としてどのように治療に取り組むのか、その姿勢を学んでもらえるように私は努めたつもりです。何か得て、それらをまた他の研修先に活かせてもらえたら、と思います。