湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

患者の情報を共有するネットワーク構築

今日、患者のもつ情報に関する新しいニュースが発表されました。

厚生労働省は、患者の治療歴や処方薬などの診療情報を病院・診療所で共有するネットワークの構築に乗り出すそうです。
医療機関で広く普及しているレセプトコンピューター(病名から医療費を計算するシステム)を使い、全国の医療機関などで情報の閲覧が可能となるようにすることで、データを共有化し転院や在宅療養への移行がスムーズになることを狙う、とあります(臨床の現場としては転院問題解消にすぐに結びつかない気がしますが)。2018年度までの展開を目指すともあります。レセプトコンピューター(レセコン)は医療機関や調剤薬局が医療費請求に使う情報端末で、国内の病院・診療所の約8割にあたる約8万9000施設が保有し、患者名・病名・手術や治療法・処方薬などのデータを入力しています。
 まず地域で病院、診療所、薬局がネットワークを構成し、参加施設は患者の同意を得た上でレセコンのデータの一部をネット上に登録されるとのこと。ここがプライバシーが保たれるかどうかという心配があります。しばしばカード情報が流出したりすることもあるので、決して安全ではないと思います。
 しかし医師側としたら、一番には他院の薬剤がすぐ分かる、それにより薬の二重処方はなくなる。既往歴も簡単に調べられるし、嘘をついて何度も処方依頼に来る患者も摘発できる。逆に患者情報をまとめるのは私たちも負担が多いので、紹介状はなくらないと思うが、だいぶ前にみた患者の情報を提供しなくてはならないことも減るなどの便利な点もある。税、年金の一体化とともに医療費をどのくらい使用しているかもそれで一発でわかるようになるのでは?ますます個人の情報が中央により丸見えの状態になるようになることも事実です。