湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

iPS関連ニュースが年末に2本でました。

この年末の慌ただしい中でiPS関連のニュースが2本でました。いずれも読売新聞12/26と12/30です。ひとつは、京大から。進行性骨化性線維異形成症というまれな難病の患者の皮膚からiPS細胞を作り、骨や軟骨への変化を促す試薬を加えると骨に変わりやすい様子が再現できたという。逆に骨への変化を妨げる試薬を加えると骨に変わりにくくなることも確認され、創薬への手掛かりになるであろうとのこと。このようにiPSそのものが体に使われるというのではなく、病態解明にも使うことができるのですねと感心しました。

もうひとつは患者さんから教えてもらったもの。最近の新聞では非常に細かい情報まででていますのでそれに我々医療者が追いついていくのは大変であります。そのニュースとは30日にでたもの。日本ケミカルリサーチという医薬品メーカーが培養した細胞を医薬品として承認申請を出す方針のようです。これは移植後におきるGvHDの治療として、健康な人から採取された幹細胞を培養してそれを患者に点滴することで、幹細胞からでた蛋白質が免疫細胞を攻撃してGvHDを和らげるというもののようだ。このような薬ではない細胞そのものが医薬品として販売されるようになり、いろんな場面で応用されるようになっていくのでしょうか。国も後押しして分野ですから、今後も眼が話せませんし、血液の分野でいち早くとりいれられていくのではないかと考えています。