湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

オンコロジーセンター病診連携の会 開催

当院のオンコロジーセンター(外来化学療法センター)主催で、病診連携の会が行われた。今回の持ち回りは血液内科。スタッフが増えたこと、新しく自家末梢血幹細胞移植を始めたためである。当院に患者さんを紹介してくださった医療機関に声をかけた。まず私が当院の血液内科の紹介と疾患数の紹介を、その後紹介された患者さんの経過を報告し、かつ少し新しい情報も紹介するという形式で神戸先生が発表した。また玉井先生には自家末梢血幹移植のことをまとめてもらった。参加施設は10施設ほど。多くはなかったが、もともと血液内科をしていらした先生も参加されていて、最後には質問もいくつか出て良い会になったと思う。来てくださった先生方には感謝を表したい。紹介された患者さんをみてみると、決して造血器腫瘍ばかりではないことがわかる。アルコール性疾患だったり、クッシング症候群だったり。これら総合内科的疾患が含まれていることから、振り返ることも勉強になる。もっと一般の内科の先生にも参加してもらいたいものだと思う。また開業医の先生方からは血小板数が多いときいくつでコンサルトしたらいいか、といった質問も出された。60万/μLくらいまで診ていただいていることが多いらしい。今後も年に1回くらい開催し、軽症な患者さんをお願いする代わりに比較的はやく重篤な症例を送ってもらい診断できるよう、顔のみえる病診連携を作っていきたい。