湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

ご挨拶

昨年の秋から血液内科スタッフとして働きはじめて、早半年が過ぎました。
朝に晩にお世話になっている院内にあるローソンの弁当メニューを、悲しいかな、ほぼ空で言えるようになり、数少ない4基のエレベーターをうんざり顔で待ちわびる人々に混じって階数表示をはっしとにらみ、最も早く到着するエレベーターを見極める眼力までしっかり身についてしまった今日この頃です。

噂に聞けば、天下のGoogleの本社では、エレベーターで地上30階まで数秒でたどり着き、社員食堂はホテルもびっくりのビュッフェ形式、遊ばなければ創造的な仕事ができないということで社内にはプレイルームまであるそうな。
24時間救急医療に携わる当院とgoogle様とでは、社会的使命も設備も何もかも異なるのは重々承知ですが、なんたる違い。
時は平成になり、いつのまにやら戦争すらできるようになってしまったほど万物が流転しているというのに、我が病院は良くも悪くもいろいろな意味で昭和です。
金も地位も時間もスペースもなく、使命感と情熱だけを武器に、日夜医療という戦場で戦う若き獅子と書いてSKGHRと読む研修医達、医師達の骸に、同胞ながら感涙を禁じえません。

中でも、完全に身内びいきになりますが、我が血液内科の外来・病棟・スタッフは、科長である田中先生のお人柄の賜物なのでしょう、皆がとにかく暖かく、優秀で、熱心であり、気持ちよく患者さんの治療に取り組むことができます。
眠い目をこすりながら鎌倉の豊かな緑雨の中を通勤すれば、回診で訪れる病室の窓ごしに、朝の極彩色の雲に彩られた雄大な富士山が迎えてくれます。人にも立地にも恵まれたこの環境で働けることは望外の喜びです。
折々に、当院のこと、血液科近辺のことなどつづっていければと考えております。
                                    血液内科 神戸栄美子