湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

iPS細胞を用いた黄斑変性症に対する臨床試験が開始

新しいiPS研究に対するニュースが新聞の一面を飾りました。
先端医療センター病院と理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(同)は12日午後、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から網膜の細胞を作り、目の難病患者の網膜を再生させる臨床研究を開始。兵庫県の70代女性に1例目の移植手術を実施したと報道されました。一連のSTAP細胞事件でこの臨床試験が遅れるのではと危惧されていただけに、もうここまできたかと安堵しました。
iPS細胞から作った細胞が人の体に移植されるのは世界初。今後は腫瘍が出来ないかなどの安全性や、視野の改善などの効果を検証することが必要で、まだこれですぐに実用化ではないとされます。


臨床研究は目の奥にある網膜が傷んで視力が急激に落ち、失明の恐れもある「滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性」の患者6人に対して実施を計画。昨年7月に厚生労働省から了承され、同8月に患者の募集を始めました。iPS細胞を利用する再生医療の今後を占う研究として注目を集めていまwす。
移植1例目では女性の腕から直径約4ミリの皮膚を採取し、6種類の遺伝子を入れてiPS細胞を作製。網膜を保護する「網膜色素上皮細胞」に変化させ、移植するため一辺が1.3ミリ、もう一辺が3ミリのシート状にしていました。手術は同日午後2時20分から約2時間かけて実施。網膜の下にあり病気の原因となる異常な血管を取り除き、シート状の細胞を移植した。治療の効果を実感できるようになるには、手術用の液体を眼内から抜く作業などを終える必要があり、早くても術後6週間後以降になるそうだ。


研究の総括責任者を務める高橋政代・理研プロジェクトリーダーは「iPS細胞を使った再生医療の第一歩を踏み出せた。これをスタートとし、治療として多くの方に届けられるようにしたい」と話した。

でもふとその記者会見と通して今年の小保方氏の記者会見が頭をよぎってしまった。ぜひとも日本の研究回復のために成功してもらいたいと思うし、次は血小板への臨床応用が近いともきいているので、そのためにもぜひ成功してもらいたいと願っています。