湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

休暇にて広島へ

休暇をいただき広島を旅しました。
学会もあまり中国地方で行われることもがないため行く機会がなく、恥ずかしながら岡山県と広島県のどちらが関東寄りなのか知らない、という知識レベルでありました。しかし今年は戦後70年。一度自分の足で広島を見ておきたい、という気持ちがありました。また瀬戸内海、宮島厳島神社を日本人なのに知らないのも恥ずかしいと思っていましたので、まとめて広島を知る良い旅となりました。
瀬戸内の海の静かなこと、そして東北の三陸とも似ていますが静かな水面に浮かぶ島々が何とも美しく、穏やかな気持ちにさせてくれます。静岡県と同じ柑橘系の栽培が盛んで、はっさく大福は美味でした。
そして世界遺産の宮島。日々刻々と変わる干潮と満潮の時間とその景色の変化。干潮の夜遅くに出掛けていって、ライトアップされた鳥居の下を何度もくぐりお祈りしました。
そして最後に広島へ。海外のかたは日本人以上に日本で見たいところに広島を挙げます。やはり世界的には原爆が落とされた世界で初めての場所であり、悲惨な現実がそこにあったことを知っています。アメリカの高校生の団体が修学旅行のようなものなのでしょうか、資料館に見学に来て熱心に見ていました。今年戦後70年、政府の談話のことばかり話題になっていますが、一人ひとり我々がどう歴史と向き合っていくか。正直な事実を学び、反省する点はしっかり教えていくこと、メルケル首相が日本に来日された際に会見で述べていたことを思い出します。