湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

新研修医 安原先生血液内科ローテーションお疲れ様。

この4月に医師になったばかりの安原先生。初めて内科をまわり、かつ専門領域である血液内科にまわり最初はとまどっていたと思います。他の同学年の人が一般的な疾患である肺炎や尿路感染症といったものを次から次に診ているのに対して、治療戦略はほとんど上級医が立てざるを得ない当科では、言われた仕事にただ体を動かしているだけ・・・と思って、不安になるのも無理はありません。これまでの研修医の皆さんも、最初に回ってくる人はそうでした。しかし当科はスタッフもそれぞれが病棟業務を担っていますし、育ってきた病院も違い多様性があります。医療の答えは一つではありません。治療選択するときに教科書通りいかないことなどしばしば。その時にどのように意志決定をするのか、どのように患者さんと向き合うのか、違いがみえるのではないかと思います。そしてどのようなスタイルが自分に向いているのか、良いところを自分に取り入れていけばいいと思います。直接一緒に回診をしてあげられる時間がなかったのは残念ですが、自分で勉強するという習慣をつけてもらいたいと思って基本となる教科書を一緒に読みました。来月からはまた新しい研修医の先生がきます。彼らのエネルギーをもらいつつ、互いに進歩出来るように日々を歩みたいと思います。