湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

TPP交渉 合意見送り

堤未果さんはジャーナリスト。現在のアメリカや日本政府がどのように庶民をだまして情報操作し、政策が権力のある者の良いようにねじ曲げられていくのか綿密な取材をし、とても鋭いタッチで書き表しています。これまでの作品は全て読んできました。今回の作品はアメリカにおけるオバマケアの内情や、日本とのTPP交渉の内容とも関係することが書かれています。政府がどのように国民をだますのか、我々も他人ごととは言っていられないような気がしてきます。無知は一番の敵。物事を複雑にして納得させるやり方は、なんだか今の国会で繰り広げられている安保関連法案のことと似ている気がします。
先日のTPP交渉は、医療分野での知的財産権を何年にするのかというところで最終合意が得られなかったと報道されました。たしかに開発にはお金がかかりますが、最近の薬剤費の異常なほどの高騰はアメリカでは薬剤費を企業が決めることが出来ることと関連があります。そしてそれが知的財産権という名のもとに長期間守られたら、我々は高い薬剤費をアメリカに本社がある企業に払い続けなくてはならず、国民皆保険も持たないであろうことは容易に想像されます。TPPの抜け穴が怖い・・・。そんな気がしていて、国民はしっかり実情を知らされるべきだと思います。