湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

人道優先

大村智博士のノーベル賞の話題は先週述べたが、ノーベル賞受賞の理由になった駆虫薬<イベルメクチン>。感染者の2割が失明するオンコセルカ症、足が肥大するフィラリア症の治療・予防に大きく貢献した。この薬剤が普及したのはWHOを通じてアフリカ、南米などの国に無償提供されたためであるという。その英断をしたのがアメリカ製薬会社メルクのCEO ロイ・ヴァジェロス氏。すでにこの薬剤は家畜用として販売され売り上げをあげていたことから、発展途上国で使用するための製剤販売をするのに多くの研究費を投じる必要はない・・・と多くの社員の反対があったがそれを押し切って、また薬剤で副作用が強く出るなどのリスクがあることを承知で人への開発を指示し、成功に導いたのだという。経済合理性よりも人道優先。目先の利益が優先されることで大手企業の不祥事が続いている日本。マンションの耐震性の問題、基礎工事の問題、ありえないごまかしがある。経済合理性よりも大切にすべきことがある。トップの判断が与える影響も大きい。<『日経ビジネス』から一部抜粋>