湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

医療安全に関する新しい義務化

この日の日経新聞他が報じた医療安全に関するニュースです。
高度な医療を提供する特定機能病院で深刻な医療事故が相次いだ為、厚生労働省は事故防止の対策をまとめた。すべての死亡事例を院内で検証することや第三者を含めた監査委員会の設置を義務付けられることとなった。今後法律や政省令を改正するとのことである。その内容とは
(1)医療安全担当の副院長を置き、専従の医師や薬剤師を配置した管理部門を設ける
(2)すべての死亡事例を管理部門に報告し、速やかに院長ら管理者に伝えて必要な検証を行う
(3)医療安全の専門家や法律家ら第三者が過半数を占める監査委員会を設ける
などを義務化するというものである。当院は特定機能病院ではないがそれに準じたレベルの病院であり、この体制を院内でも作っていくことが求められる。当院では今年からすべての死亡事例のカルテレビューを行い、そこから問題がありそうな症例は複数の医師などで検討も行っている。
とはいえ医療安全をしていて思うことは、私が医師であり現状として普段から臨床をしていても専門分野が違えば(例えば外科手術の専門的な内容)それが医療事故なのか副作用や合併症でやむを得ないことなのか、判断出来ないこともとても多い。これを常に議論するのは大変である。また<白い巨塔>はまだどこの病院にもある。権威主義的な体制、隠す文化を複数の目でチェックし、小さいうちに芽を摘む。起きたらしっかり検証という文化の醸成は時間がかかるものであり、大きな組織ほど難しいと思う。
インフォームドコンセントの際に主治医以外の第三者の医療従事者を立ち会わせることなども盛り込まれるということ。当科では以前から出来る限り第3者を医療面談の時に入れるようにしているが、外来ではなかなか時間的・人員的制約があり出来ていない。これも変えていく必要があるということだ。