湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

早く帰宅して自分に投資する。

当院も昔から研修医の帰宅が遅い病院であった。しかし最近、看護師さんに「ドクターのほうが帰るの早いわよ」と言われた。

医師数が本当に少なかった頃仕事は確かに終わらなかったし、他の人に任せることが出来なくて帰れなかった。しかし今は当院でも医師数がかなり増えた。それは無駄な人件費なのか??

というとそうではないと思う。まず病棟での急変が減った。日中のうちに変化を把握出来るようになったこと、(それでも他院より人数多いが)医師1人が受け持つ患者が減ったことからしっかり管理できるようになった。また医師が勉強出来るようになった。自分に投資出来るようになったのである(中にはそれ以外の人もいるであろうが)。
今は高付加価値の時代。input を増やさないとoutputを増やすことが出来ない。情報は目まぐるしく変わる。その意味では仕事終了後に自分に投資する時間が持てるようになったことは、医師の価値を高めることにつながっていると思う。またそれ以外の趣味に投じることが出来たり地域の活動が出来れば、違う人脈の形成により仕事に役立つこともあるであろう。それも患者数を増やしたり新しい病院と地域のプロジェクトをするうえで役立ったりすることもあるかもしれない。上がそうすることを率先し、自分の付加価値を上げる意識を部下に持たせることが大切であろう。