湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

大きな器をもつことは幸せの一つの要因です。

左の花は蝋梅です。蝋細工のような光沢のある花びらをもち、水仙くらいしか花がないこの1月であるが、あまり目立たずに木々にたくさんの黄色い花を咲かせる。でもその清々しい香りは、鼻の良い私なら5mくらい先でもすぐその存在に気付きます。

さて、組織で一番大変な悩みの種は人間関係。組織が小さくても少ない人数だからこそ不安定になると職場の空気に直結し、自浄作用が難しいこともあるでしょう。よく開業した先生が何が大変かってスタッフのやりくりと人間関係、と言っていたのを思い出します。
当院のように拡大を続けていてどんどん大きくなる組織では、当院育ちのスタッフだけではなく大学病院や理念の違う病院で初期研修をうけ育ってきた人が雑多混合しています。それが組織の強みにもなると思います。しかし違いもでてくる。医療はやり方が一つではないので他人のやり方を尊重するという気持ちが必要だと常々意識するようにしていますし、若い先生にも伝えるようにしています。違うやり方でも間違っていなければ認めていく。そういう姿勢が組織がうまくいく秘訣でしょうし、皆が幸せになっていけるための大切な要因であると思います。上級医はたとえ相手が若くても、また若いその他のメデイカルスタッフにも、その仕事を尊重する姿勢を持つことが必要です。