湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

京大で白血病治療にiPSを用いる研究が始まります。

白血病患者から採血し、そこからキラーT細胞を採ってきてiPS化し(若返らせる)、そこから再度キラーT細胞に変化させて白血病を殺すことが出来るかどうか。動物実験、その後は効果が期待出来れば臨床試験に入っていくのだという。
キラーT細胞はそのまま増やすのは難しいが、iPS化すれば大量に増やせること。またiPS化しても攻撃する蛋白を覚えていて、その性質はそのまま残せるらしい。上手くいけば急性白血病の治療のブレイクスルーになるだろうか。
急性白血病の治療はその他の血液がんと比べてこのところ治療の進歩、薬剤の進歩が遅れている。高齢者にも多いが、今の抗がん剤メニューでは結局毒性が強すぎるため、治療の強度を弱めなくてはいけないことも多い。早ければ2019年にも臨床試験が始まるという。結果を見守りたいと思う。