湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

Ai と人間の碁の戦い

米グーグルが開発した囲碁の人工知能(Ai)「アルファ碁」とトップ級プロ棋士のイ・セドル氏の5局勝負は2016年3月15日、人工知能の4勝1敗で終わった。この勝ち負けに関してはこれから色々な議論がされるのであろうが、第4戦で勝利したイ・セドル氏は、勝つための手法として一流棋士が使用しない、一般的な庶民の方法を試みた。それに対して経験をもとに上達を続ける「ディープラーニング(深層学習)」能力をもつ人工知能は、その学習がなかったがために慌ててしまったとか。
最近は人工知能により失う職業などの話題が巷によく出ている。人間は今後どうなるの?
私には分からないけれども、この<想定外>にヒントがあるように思う。つまり学習していなくてももっと幅広い経験や、全く関係がないようにみえる知識から関連付けて答えをみつける。それが人間の経験値というものだ。
逆にAiは習っていなかったら答が出しにくい。しかし彼らもそこから学習する。そして進化する。関連付けのない全く違う知識も学習させられていったとき、人間のように深く考えて結論をだし、行動するようになるのか?

開発者さえその危険を警告する一方で、可能性への期待も高い人工知能である。