湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

iPSの細胞培養を宇宙でも

久々にiPSの話題です。というのも、すぐ近くの横浜市立大が先端医療センターとしてiPSなどの研究を始めているのは知っていましたが、今回横浜市立大と宇宙航空研究開発機構(JAXA ジャクサ)は、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から肝臓を作製する宇宙実験を、国際宇宙ステーションで2018年度にも始めるという発表がされました。
宇宙で細胞を作るとどうなるのでしょうか。

宇宙でiPS細胞由来の細胞を培養する実験は世界初だそうです。重力の影響を受けない宇宙で臓器を作る技術を開発し、将来地上で移植用臓器を作る研究に活かすというから驚きです。iPS細胞を使った再生医療も発展はしてきていますが、複雑な立体構造を持つ臓器は細胞を装置内で増やしても重力などの影響で大型化しにくく、移植に使える大きさにするのは難しいそうです。そこで重力のない場所で細胞を増やしたらどうなるか。臓器まで作成してしまうとなると、病気によっては”治す”より”取り換える”という時代になるかもしれませんし、そもそも服を着替えるように臓器を取り換えるようになるのでは、と考えたりもします。