湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

水銀血圧計はもう使わない?

外来診察の時に「以前のように血圧って診察室で測らないんですね」と残念がられたことがある。医師がコンピューターばかりみていて患者に向かない、触れないとよく言われるが、血圧すらも測らなくなったせいもあるだろうか。
当院では旧病院ではまだ使用していたが、JCIという国際病院評価を受けるにあたり、水銀血圧計は落とすなどして壊れるとその処理も大変ということで、すべて機械(各部署においてある)に変更となった。水銀血圧計は処分されたはずである(どこかよその病院にいったかも・・・)。
ところで日経メデイカルに情報が掲載されていたが、水銀に関する水俣条約から2020年以降水銀を使用した機器の製造、輸出入が原則禁止となり、廃棄処分も高騰化してくるであろうとのこと。国内の診療所に対して日本医師会が調査したところ、水銀血圧計が20万台レベルで存在することが予測されるという。水銀血圧計を使えなくなるわけではないが将来破棄できなくなるかもしれないので、処分を検討する医師もいるであろう。だんだん水銀血圧計がみられなくなるようになるのは確実。では水銀体温計は?私もまだ保有しているが使ってはいない。その指針は出ていないが、国がまとめて回収するようになるのでしょうか(当然実費で)。