湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

高額薬の適正投与に厚労省が指針

新規抗がん剤は我々血液内科の領域も含め、非常に高額な薬剤費となって保険財政を圧迫しているのは事実。現場の医師はこのままでは保険が維持出来なくなるのでは、とますます心配になってきている今日この頃である。特に話題になっているのはオプシーボといわれる小野薬品の薬剤。現在悪性黒色腫、肺がんに対して保険適応されているが、一人あたり年間3500万円かかり、しかもすべての人に効果があるわけではない。近いうちにホジキンリンパ腫でも承認されるといわれている。
さて、この日日経新聞の朝刊一面トップでこの薬剤に関係する記事が報じられた。厚労省が使用できる病院に専門医がいること、緊急対応ができることなどの要件をつけるということらしいが、それでも多くの抗がん剤を使用する病院ではそれらを満たすことになるため、医療費の高騰は避けられないであろう。ある程度の自己負担を多くするようにするのか、使用患者をもっと制限するなり踏み込まないと、本当に制度としての保険が危うくなってしまうと臨床医は心配する日々である。