湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

いろんなものがインターネットにつながるIoT

あらゆるものがインターネットにつながるIoT。そこに人工知能を搭載して進化する家電がすでに発売されているという。
日経新聞に載っていたこの記事。シャープが発売したオーブンは音声認識や人工知能を搭載していて、クラウドサービスを通じて献立相談をしたり出来るらしい。まだまだ音声の聞き取りなど十分でないものもあるであろうが、将来は体調に合わせて料理を提案し、さらに材料を入れたら作ってくれて出てくる、なんてことになるのではないだろうか。
例えば体重管理や血圧管理がスマホでなされて、それをみて塩分制限やカロリー制限が自動的にされる。さらに冷蔵庫の中にも余分なものがないようになり、必要であれば通販にてお届け。宅配冷蔵庫に保存される、なんてなるのもそう遠くないのだろうか。そのうちセンサーが体内に取り込まれてビタミンや血糖などを測定し、不足分をとる指示をする。用意までしてくれる機械が自宅に配備されるようになり、病院にもあまり行かなくて良くなるかもしれない(まるで機械人間のようだ)。ますます我々は便利になり自分で頭を使う意志・気力がなければ、それはそれで生きていける。
人間の頭は徐々に退化してしまい人工知能だけが発達してしまう。でも情報は一括されて似たような嗜好パターンになるはずで、画一的な好みの人を作ることにもなってしまうのではないかとも思う。今後も人工知能、IoTの話題から目が離せない。