湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

ボストン見学ツアー2

午後は世界で一番有名な病院で、世界で最も信頼され有名な医学雑誌『THE NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE』に毎回登場するMASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL の見学でした。
エントランスは何とはいえない狭いところで、とてもゴージャスな病院とは言えませんでした。少しずつ継ぎ足したという感じで構造を理解するのに時間がかかる、迷ってしまうような病院でした。色々建物内を見させていただきましたが、決して日本の病院が設備で著しく劣っているとは思えません。
ただ看護師は手厚い。目の前に看護師さんがいるという感じで、がんの病棟では看護師1人に対して患者が2人くらい。
院内での安全対策、手洗い、衛生管理は、当院がJCIという世界的な認証を受けているため、全く同じことをしているなという印象でした(彼らも監査が入るときはすぐに片付けるそう)。
結局違うのは歴史と人なんだろうと思います。全米でも人気のあるこの病院で働くということで優秀な人が集まり切磋琢磨し、そして何かを作り上げていく。それが年を重ねて歴史となってく。
この写真は『THE NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE』のcase recordのところに掲載されている建物マークの元になっているものです。世界ではじめてエーテル麻酔をしながら手術を試みた場所がここだそう。歴史ある建物なのです。こういった歴史はまだまだ我々の病院では勝てません。