湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

保養 ~疲れの出る時期に~

 早いもので6月に入りました。ブログの更新を始めて2ヵ月強となリますが、なかなか継続して更新
していくことは難しいものだなと感じています。
 さて、今日はそろそろ本格的に溜まってくる「疲れ」をどう考えるか。そんなお話ができればと思います。

 新入職の方・新しい環境へと突入された方・既存ではありながらも新しい年度を迎えた方、それぞれ
に段々と自身の現状が見えてくる時期に入ってきました。この時期入ると、年間を通した自身の流れや
環境の変化の予測がある程度ついてくることや固まってきている方も多いかもしれません。

 このことは、「慣れ」でもあり、「適応」でもあります。一方で、それまでの「緊張感」とは少し異なる質の
「緊張感」が抱かれますので、4・5月の自分とは異なるような感覚を得るかもしれません。
 例えると、「短距離的緊張感」から「長距離的緊張感」に変わるような、そんな感覚でしょうか。

 ですので、この時期になると、「先が長いな」とか「もうこんな時期に入ってしまったのか」とか、見通し
を感じさせるような感覚が強まるかもしれません。「短距離的緊張感」であった我々が、「長距離」を意識
しますので、「疲れ」が出やすくなるかもしれません。

 幸運なことに、6月は「雨」の時期です。

 「恵みの雨」「雨宿り」。雨に纏わる言葉は、「保養」「休憩」を連想させます。

 立ち止まってみること。振り返ってみること。そんな時間を持つことをお薦めしているのが
これからの時期なのかもしれません。
 そして、それは来る夏に向けた準備でもあるでしょうか。