Our features

ホーム当科の特徴

Our features

当科の特徴

血液疾患のスペシャリスト

01

Specialist of Hematology

白血病を中心とした血液悪性疾患は、患者さんの生活習慣や遺伝などとは関係なく、突然発症することが多く、症状も様々で患者さん自身が病気に気がつきづらいこともあり、突然やってくる病気に驚きと不安に襲われる患者さんがほとんどです。そのような状況の中、我々は、血液疾患のスペシャリストとして、患者さんの気持ちに寄り添うわかりやすい病状説明を心がけ、豊富な経験と正しい知識で、精一杯、患者さん個々にあった治療選択を行って参ります。血液疾患には様々な新薬が保険適応となっており、それらをなるべく迅速に導入するようにしています。そのため、新薬に対する使用経験が多いことも当科の特徴です。外来化学療法に関しても、新薬を用いて安全にかつ簡便に行えることが多くなっています。特に患者さんがご高齢で強力な化学療法を受けることが困難でも、新薬の登場で以前より比較的長期間、外来通院で元気な状態を保つことができるようになっています。

他科・他診療機関との連携

02

Cooperation with other departments /institutions

血液疾患は全身が関わる疾患であることから、診療は我々血液内科だけではなく、様々な機関や他科との連携の上に成り立っています。緊急時は当院の救急総合診療科や総合内科、ICU/ECU、腎臓内科、外科等、他科と綿密な連携を取り、24時間365日、血液疾患に対応しています。加えて、検査設備の充実により、初診から診断までを迅速に行い、治療につなげることができています。また、近隣の多くの先生方から患者様をご紹介をいただいており、迅速に対応させていただいています。安定期に入った場合、病診連携に基づき、かかりつけ医で管理いただき、緊急の場合や精査加療が必要な場合には再度ご紹介いただくなど、地域に根ざした医療を行う上で、様々な診療機関と綿密な連携を取っています。

実績

03

Achievements

当院は断らない医療を救急総合診療科を中心に全科体制で行っていることから、診断が付いていない症例から診断をつけ、治療選択をし、外来治療を継続して行う症例を数多く経験しています。また血液疾患のみならず、内科全般において広く研修した医師が診療しており、長年にわたって蓄積した経験と知識によって高度な医療を行っています。

研修医教育

04

Education

新専門医制度が始まりました。全般的な内科研修が3年間必要となりました。その中で血液疾患の経験を積むのであれば、当科での修練をお勧めします。当院では断らない医療を行っており、良性の血液疾患から血液悪性腫瘍まで様々な患者さんを経験でき、Oncologic emergencyに至る症例やターミナルケアも数多く経験できます。学会発表・論文作成においても、経験豊富な指導医が熱心に行います。

Performance

  • 学術論文

    2019年

    • 佐藤 淑,田中 江里,立花 崇孝,深井 隆太,神尾 直,市場 晋吾,佐藤 雅昭,玉井 洋太郎
      長期人工呼吸器・体外式模型人工肺(ECMO)管理後に脳死肺移植により救命しえた同種移植後重症閉塞性細気管支炎
      臨床血液 2019年60巻8号920-923 DOI:10.11406/rinketsu.60.920
    • 佐藤 淑,玉井 洋太郎
      Cutaneous aspergillosis disseminated from invasive pulmonary aspergillosis pulmonary aspergillosis
      International Journal of Infection Diseases Augusut 08,2019 DOI:10.1016/j.ijid.2019.08.005
    • Sato Shuku
      The Authors'Reply to "Did This Cryptococcosis Patient Have HIV Coinfection?"
      International Medicine 2019年 58巻 24号 p3621 DOI:10.2169/ineternalmedicine.3421-19
    • Oda Yasuhiro, Sato Shuku, Kambe Emiko, Kamata Wataru, Okada Satomi, Tamai Yotaro
      JAK2 V617F-positive essential thrombocythemia with subsequent development of immune thrombocytopenia
      Medicine 2019 Nov;98(44)e17766. DOI:10.1097/MD.0000000000017766

    2018年

    • Ono Rhohei , Sato Shuku , Okada Satomi , Kambe Emiko ,Tanaka Eri , Tamai Yotaro
      Invasive Pulmonary Aspergillosis in the Epidural Space in a Patient with Acute Myelogenous Leukemia with Myelodysplasia-related Changes:A Case Study and Literature Review of Vertebral Aspergillosisi in Japan
      Internal Medicine 2018年57巻21号 p3205-3212 DOI:10.2169/internalmedicie.1135-18
    • 佐藤 淑,神戸栄美子,玉井洋太郎
      脳塞栓症を契機に診断された中枢神経病変併発若年性骨髄異形成症候群
      臨床血液 2018年59巻12号 p2583-2587DOI:10.11406/rinketsu.59.2583
    • Sato Shuku , Teshima Shinichi , Nakamura Naoya , Ohtake Takayasu , Kikuchi Jun , Kishi Hirohisa , Nomura Kyoichi , Kurose Nozomu , Masaki Yasufumi ,Tamura Junichi
      Intravascular large B-cell lymphoma involving large blood vessels,three autopsy cases
      Pathology International 2019年 69巻 2号 p97-103 DOI:10.1111/pin.12751
    • Sato Shuku , Kambe Emiko , Tamai Yotaro
      Disseminated Cryptococcosis in a Patient with Multiple Myeloma Treated with Daratumab,Lenalidomide,and Dexamethasone.
      International Medicine 2019年 58巻 6号 p843-847 DOI:10.2169/ineternalmedicine.1726-18
    • Sato Shuku , Tanaka Eri , Tamai Yotaro
      Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm with response to pralatrexate.
      Annals of Hematology 2019 Mar;98(3):801-803. DOI:10.1007/s00277-019-03611-3

    2017年

    • Sato Shuku , Tamai Yotaro , Okada Satomi , Kambe Emiko , Takeda Kotaro , Tanaka Eri
      Atraumatic splenic rupture due to ectopic extramedullary hematopoiesis after autologous stem cell transplantation in patiant with AL-amyloidosis
      Internal Medicine 2018年57巻3号 p399-402 DOI:10.2169/internalmedicine.9018-17
  • 学会発表

    2019年

    • 小山 瑛司,佐藤 淑
      心臓・心膜浸潤を認めた悪性リンパ腫の臨床的検証
      "第116回 日本内科学会総会・講演会 医学生研修医の日本内科学会 ことはじめ2019"
    • 井原 一樹,玉井 洋太郎
      血液疾患患者における中心静脈カテーテル関連血流感染症の要因分析と減少への取り組み
      第116回 日本内科学会総会・講演会 医学生研修医の日本内科学会 ことはじめ2019
    • 佐藤 淑
      FGFR3陽性多発性骨髄腫の臨床的特徴と予後的意義
      第81回 日本血液学会学術集会,2019
    • 鎌田 渉
      高齢者の再発・難治性B細胞性リンパ腫に対するR-DeVIC療法の効果と安全性の検討
      第81回 日本血液学会学術集会,2019

    2018年

    • 平光一貴,佐藤 淑,所晋之助,神戸栄美子,玉井洋太郎
      Candida parapsilosisによる好中球減少性腸炎を呈した骨髄異形成症候群の一例
      第115回 日本内科学会総会・講演会,2018.
    • 田中雄大,佐藤 淑,神戸栄美子,玉井洋太郎
      多発性骨髄腫の主訴と骨髄腫診断事象(MED)についての検討
      第115回 日本内科学会総会・講演会,2018.
    • 佐藤 淑
      発熱性好中球減少症の起因菌に対する予防的Levofloxacinへの耐性化の検討
      第80回 日本血液学会学術集会,2018.
    • 石黒 昂,鎌田 渉,佐藤 淑,玉井洋太郎
      多発性骨髄腫に対しダラツムマブ、レナリドミド、デキサメタゾンを投与中に発症した播種性クリプトコッカスの一例
      第80回 日本血液学会学術集会,2018.

    2017年

    • 石堂博敬、佐藤 淑、神戸栄美子、玉井洋太郎、田中江里
      著明な高グロブリン血症と骨融解をきたし多発性骨髄腫を疑われた1例
      第114回 日本内科学会総会・講演会,2017.
    • 玉井洋太郎
      後天性第Ⅴ凝固因子欠乏症と特発性血小板減少性紫斑病を同時
      第65回 日本輸血・細胞治療学会総会
    • 玉井洋太郎
      多発性骨髄腫治療におけるRevised International Staging Systemを用いた後方視的解
      第15回 日本臨床腫瘍学会学術集会
    • 神戸栄美子
      真菌感染症
      第79回 日本血液学会学術集会,2017.
    • 佐藤 淑、神戸栄美子、玉井洋太郎
      Optimal dose reduction of R-CHOP treatment for eldery patients of DLBCL
      第79回 日本血液学会学術集会,2017.
    • 小野亮平、佐藤 淑、神戸栄美子、玉井洋太郎
      A case of invasive pulmonary aspergillosis spreading to the epidural space in a patient with AML/MRC
      第79回 日本血液学会学術集会,2017.
    • 角田 駿、佐藤 淑、神戸栄美子、玉井洋太郎、田中江里
      Central nervous system relapse in multiple myeloma
      第79回 日本血液学会学術集会,2017.

NEWS

湘南鎌倉総合病院血液内科の
新着情報をお知らせいたします。

  • 2020.04.10

    お知らせ

    ホームページをリニューアルしました

PAGE TOP