湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

小児脳死患者からの移植医療

今週行われた小児脳死患者からの臓器移植。
私も自分ながらに重く受け止め考えてみましたがどちらがいいのか答えがでません。
自分が親ならどうするのか。

私自身は脳死そのものを全面的に受け入れる考えはできていない医療人です。私は人間は全体で一つものであり、たとえ頭は戻らなくても一個体の生命、一つ一つの細胞にはまだミトコンドリアの働きがあり、核に情報伝達が行われ、タンパクが作られ、司令塔の機能不全はあるにせよやはりまだ個体として生きていると思うのです。科学ですべては解明出来ていないものもあります。心はどこにあるのでしょう?神経の再生は?いくら移植を待っている人がいるとはいえ、個人の体は個人のものです。

ニュースの中に出ていた、臓器提供をした親の立場に立った方の言葉は心に一番残りました。
今でも良かったのかどうか考えている・・・。
私は臓器提供したご家族の意見をもう少し聴いてみたい気がします。