湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

半夏生(はんげしょう)の季節

はんげしょうの咲く中央公園
はんげしょうの咲く中央公園

毎年この季節になると鎌倉中央公園の一画に白い花のような植物が育ちます。天気が雨や曇りで暗い時、そこにくるとパッと明るくなるのです。
これまで名前を知らなかったのですが、半夏生(はんげしょう)というそうです。半夏生そのものは夏至から数えて11日目、ちょうど7月2日くらいの季節の名称です。農家の大事な節目で、この時までに田植えを終わらせろという時期です。天地に毒気が満ち、井戸には蓋をしろ、筍や蕨は食べてはいけない、などの言い伝えがあります。

 

はんげしょう
はんげしょう

 

葉の葉緑素が抜けて白くなり、また花が終わると緑に戻るそうです。昔はこれが不気味に映ったのかもしれません。
医療とは異なる話ですが、季節を学ぶことがなくなった時代だからこそ、季節の植物や食べ物を調べて昔の暦を学ぶことも、日本を知るうえで大切なことだと思います。