湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

夏季休暇で訪れたゴッホ展

夏季休暇をいただきました。これも研修医の方がいて入院管理していただいているおかげです。
さて、この休みで長崎を旅しました。一つはハウステンボスをHISが経営するようになってどうなったのかなというのと、そこでゴッホ展をしているということから行こうと思いました。ゴッホ展はオランダにあるゴッホ美術館が改修しているようで、その間に絵が貸し出されているということ。都内での展覧会となると人が大勢でなかなか絵を楽しめないものですが、ここは本当に静かで思う存分何度も絵をみることができました。ゴッホは子供のころからなぜか好きでした。糸杉のタッチなどを真似て風景画を描いていた記憶があります。

ゴッホの細かいタッチで油絵具をのせて描いていく感じが間近でみられました。また改めて緑の色使いの豊富さ、麦に夕日が当たったような黄色から黄土色が特徴的だなー、と思いました。
園内にはゴッホを記念してひまわりが植えられていたりホテルでもひまわりが活けられていたり。 
それにちなんだ料理が作られていたりしてムードを盛り上げていました。
大人のリゾートとするには、展覧会や文化的な催し物が出来る施設を併設するのもひとついい案なのだと思いました。

この時期ではありますがハウステンボスの園内は天気が良くなかったせいもあり、あまり混んでいませんでした。その分ゆっくりとまわれました。夜は10時まで開いていて、園内のライトアップがきれいでゆっくり散策も楽しめます。大きな建物も壁を使用したライトアップショーもなかなか素晴らしいものでした。園内のホテルはランクの高いものが多く、それぞれまわってみても楽しいものでした。