湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

神奈川血液疾患スライドカンファレンス

協和発酵キリンが主催している第8回の神奈川血液疾患スライドカンファレンスに参加してきました。この会のおもしろいところは、形態診断に重きがおかれたカンファレンスであること。症例がマニアックなところはあるのですが、そこに招かれている福岡大学の阿南建一先生のコメントはいつも冷静で参考になります。形態の標準化というのはとても難しいところであります。特に血液の分野は血球のみえかたが人縄筋ではいかないため、自分も診断には不安を伴うことがしばしばあります。阿南先生は九州がんセンターの画像データベースを監修されたり、インターネットでも電脳形態塾という形態教育にも携わっておられます。治療の勉強会だけでなく診断のための勉強も常にブラッシュアップしなくてはなりませんが、これからも続けてほしいカンファレンスの一つです。