湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

山中教授 ノーベル賞受賞おめでとうございます。

ビックニュースがとびこんできました!

iPS細胞を作製された山中伸弥教授がノーベル生理学医学賞をみごと受賞されました。おめでとうございます。と同時に政治や領土問題などでふさぎ込んでいる日本に、また自信を取り戻してくれる明るいニュースです。新聞の号外まで出たとのこと。夜9時のNHKニュースが特番を組んでいました。

当院の徳田虎雄理事長はこの山中教授に8月24日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)を訪れ面談されました。再生医療や新薬の開発に大きな役割を果たすことが期待されているiPS細胞の研究活動について山中所長から説明を受けた徳田理事長は、徳洲会グループを挙げて全面的に協力することを約束されたそうです。神経難病に罹患されている徳田理事長の使命は、iPS細胞が臨床実用され神経難病の人に希望を与えるところにもあるのだと思います。