湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

diversity

波がきている時ってありますね。患者さんがドッと押し寄せる時、患者さんが急に具合が悪くなる時期、人が辞めていく時期などなど。
当科にとって今は人が集まる波がきている時であります。玉井先生が入職され、その後稲垣先生、さらに新しい先生も・・・という感じで、これまでどんなにがんばっても難しかったのに人が集まってきます。地域には血液疾患の患者さんがまだまだ大勢いらっしゃいます。治療をして生存期間も長くなっていますし、輸血などによる緩和的治療で高齢の方も長く生きられるようになっています。急性期から末期まで、高度医療から緩和医療まで、幅広く総合的血液診療が目指すところともなれば、やはり人材がいります。色々な人に色々な特徴があり持ち味があることで、より幅のある診療が出来ると思うのです。たった一人ではいくら優秀でもその持ち味には限りがあります。人材が多様になった分、それを上手く統合出来るようにならねばなりません。人が増えたからといって慢心することのないように精進したいと思っています。