湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

チームミーテイング in 14F

当科の病棟14Fでは毎週火曜日に病棟ミーテイングを行います。集まるのが遅いときもあるけれど、発言するのが少ない人もいるけれど毎週皆が顔をあわせて患者さんに対しての同じ情報を聞き、出来るだけ同じイメージを持つことは安全という観点からも、また問題点を発見するうえでも大切だと考えています。多職種にて行い医師が一番上でリハビリさんは下ということはなく、むしろリハビリ介入ケースを主体にしながら全患者さんを討論します。病棟では早い段階で評価をして、将来的に足の筋力が低下して歩けなくなりそうな患者さんを皆で拾い上げ、早めにリハビリの方に介入してもらいます。これは退院をスムースに持っていくのに役立っています。また、私達には言えないことを患者さんが漏らしていることもありますし、違う場面でみせる患者さんの素顔を教えてくれることもあって回診の場とは全く違う情報が得られます。ある患者さんがリハビリをしていると考えが前向きになれるのよねー、と言っていたと教えてくれた方がいました。
また病棟のカンファレンスでは”発言できない雰囲気”というのを、少しでも少なくするためにしています。

言いやすい職場の雰囲気が事故を起こすことの予防にもつながるからです。働きやすい仕事場は明らかに仕事のパフォーマンスをあげてくれます。この日はさらにボーナスで、新しい看護師さんのためにミニレクチャーを行いました。