湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

あわただしく歓迎会

今月は私の出張+休暇、学会、研修医の休み、さらには他病院応援や初期研修医の研修などなど、それぞれが目まぐるしく出入りして忙しい月間でした。その中でも神戸先生が新しく仲間に入ってくれたこと、また新しく消化器ローテート中の所先生が血液内科を回ってくれていること、新HO-1の荒井先生がローテートしてくれていることから新メンバーとの交流ということで会を催しました。

消化器医を目指す人で血液内科をローテーションする人は全国でも数少ないでしょう。直接には関係しないからと一番まわらないはずです。でも「関係ないからまわらない」、それはもったいないと思います。自分と違うところだからこそ若い時にしか見ておけない分野があると思うのです。新たな気付き、消化器しかみたことがない他の人と違う視点が持てると思います。各科の垣根なく回れる、それこそが当院の良いところだと思うのです。消化器のリンパ腫はそもそも多いですが、それだけでなくサイトメガロウイルス感染、真菌感染、それに伴う消化器症状や便秘や下痢の問題は当科ではしばしばあります。1人では診るのが怖くてもチームで診て、それらに見慣れることでWBCが多いこと、PLTが少なくてもビビることなくどのような注意をすれば大丈夫かの感覚も分かるようになるはずです。色々な方がローテーションして何か学べる、そういう科にしていきたいと思っています。