湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

中年からの食事の摂り方が大切だと・・・

こんな論文が出ていた。
中年期における食習慣(地中海の食事)の順守と健康的な加齢の相関を、女性1万670人(中央値59歳)を対象に調べたもの。Annals of Internal Medicine 2013.9月号に載っていた論文である。中年期の食習慣と健康的な加齢の関連を横断的観察研究で調査。代替的健康的食事指数(AHEI)2010のスコアおよび代替的地中海食の順守が、通常の加齢に比べ健康的な加齢(重大な慢性疾患、認知・身体・精神の障害がなく70歳以上の生存)と関連したとある。食事の研究はいろんなバイアスが入るから評価は難しいが、これだけ大規模な研究なだけに面白そうである。
食事は人間にとって車のオイルと同じであるから大切にしなきゃいかんと分かっていても、長続きしない。1年ほど前から外来の男性患者さんで低炭水化物ダイエットをしている人を何人もみた。確かにみな比較的成功している。病院でもやって成功している職員がいた。
私もスタッフが増えて少しは余裕というものが出来た。以前は外来診療が終わったらすぐに昼食をかきこんで次の夕方の仕事開始!なんて感じだった。研修医に「食事ってどうしているんですか?」と聞かれ、恥ずかしくて答えられない自分がいた。が、そろそろ自らの体にも気を使ってあげないといけないな、と思う次第であります。