湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

痛くない注射が開発中

2014.1.8の日経新聞夕刊の記事をみて、早く実用化されないかなーと思ったのです。
これまでは透析を受ける人がいつも注射針が刺されるときに痛みを感じないよう、表面麻酔をするテープがあるのですが、筋肉内注射にまでは効果がありませんでした。しかし、米スリーエムはマイクロニードルによる小さな針を皮膚に貼ることで、痛みを感じずに薬を体内に届けられるはるタイプを開発中、また、日東電工では針ではなく電波で皮膚から薬剤を投与する医療機器を開発中とのこと。インスリンを打つ人、その他のホルモン療法などの人、グランなどの人にも恩恵がみられる日も近いでしょう。究極は採血なしでも指先のモニターで採血データが分かったり、血管内点滴が難しい人に皮膚内に埋め込めば自動的に挿入できるなんてのがあったらいいのに・・・と思ってしまいます。私も痛がりなので、痛くない医療の実現は大賛成です。