湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

かつての同志 お別れ会

当院の内科が本当に人が不足していて大変だった時、8年ほど前に松下達彦先生が当院にやってきました。当時は”冬のソナタ”が流行っていて、容貌がヨン様風だったこともあり”マツ様”と呼ばれ、女性職員からも人気がありました。が、自身の信念を非常に強く持っており、なかなかの頑固者。永遠のレジデントと自ら称し、常に学び教える姿勢とともに患者さんのために・・・を実践していた先生でした。私も負けてはおれぬと”ライバル宣言”をし、もう少し勉強しなくてはならないと刺激をうけました。
当時スタッフが少なかったので、研修医が働き蜂のように本当に働いてくれたのですが、そのお礼として2か月毎にカレーパーテイーを開き、私と松下先生が作ってきたカレーを食して反省会をするということをしてました。名物行事でした。松下先生が厚木病院へ異動され、当院が新病院に移ってからは場所もなくなりそれが出来なくなりましたが、良い思い出です。

その松下先生がこのたび地元に戻られるとのことで、当時の苦労した仲間や厚木病院での教え子が集まりました。昔の苦労してきた時代を語るのって、やはり大切ではないでしょうか。一夜にしてこの病院あらず。教えたそのスピリッツは教え子の心に残り、また受け継がれていくのだと思います。またそういう医師に私もなれるよう、日々精進です!松下先生 お元気で!