湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

田村和夫先生をお招きして横浜で勉強会

この日は神奈川県の一般病院を中心にして作られた血液研究会<みなとみらい血液治療研究会のあゆみ>による勉強会が横浜で開かれました。福岡大学から田村和夫先生をお呼びして、高齢者の悪性リンパ腫の治療戦略のお話しをしていただきました。高齢者では高齢だから治療成績が良くないというだけでなく、生物学的にも予後の悪いタイプのABC型のびまん性大細胞型リンパ腫が多くなるとのこと。また、体重減少というだけでなく筋肉量の減少も問題で、70歳以上では独立した予後因子となるそうです。高齢者といってもその体力、臓器の若さなどは個人差が大きいということが特徴で、医師の判断する見た目だけで薬剤投与量を減らすことが予後をかえって悪くさせていないかということも考えられ、客観的な指標を用いて治療評価を出したほうが良いといわれてきています。会場から質問がでましたが、現実的にはどのくらいの量で治療しているかについては、70歳程度から80%量、80歳以上は50%程度の量としていることが会場からの意見も含めて多いようです。予防投与についてもバクトラミンをどうするか(腎障害や骨髄抑制もあることから)、抗菌薬をどうするか意見の分かれるところでした。