湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

鶴岡八幡宮 例大祭 9/14-9/16 

鎌倉では毎年この季節、鶴岡八幡宮の年1回の最も重要な祭事である例大祭が9/14-9/16に執り行われます。八幡宮の流鏑馬、というのは聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。流鏑馬は3日間続く祭りの中の最終日、9/16に行われます。働いている者にとっては休みでないと観ることができないこの祭り。今年は出掛けてみました。
この祭りの歴史は『吾妻鏡』によると、源頼朝が文治3年(1187)8月15日に放生会(ほうじょうえ)と流鏑馬を始行したとあり、これが鶴岡八幡宮例大祭の始まりとなります。以来絶えることなく800年の歴史と伝統が現在に伝えられており、一年を通して最も重い祭事だそうです。

中日のこの日、午後から「神幸祭」が行われました。鶴岡八幡宮本宮の神輿三基が、烏帽子、白衣、白袴、白足袋姿の氏子によって担ぎ出され、写真にみるように長い石段をおります。そして錦旗・高張提灯・太鼓・楯・鉾・弓・矢・太刀などと共に列を整えて、若宮大路の御旅所二の鳥居まで渡ります。そして二の鳥居の場所で「八乙女の舞」が奉仕されます。祝日ということもあり、観光客が大勢歩いている側を昔の着物をきた人々と馬が行進していて、何とも摩訶不思議な感じでありました。
鎌倉らしさを感じた1日でした。