湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

悲しみに対処する方法

悲しみに対処する一番の方法は、その悲しみかができるだけ早く過ぎ去るようにすること(ドミニック・ローホー ”限りなく豊かに生きる”より)。

 患者さんに病気の告知をしたあとは病気になってしまった悲しみ、それを受容する時期は必要だけれども、我々がそれに対しての治療、対策に早く取り組んであげることが一番の解決の早道だと常々思っています。

どうしても手に入れられないもの、それをあきらめなくてはならないことを解っていてとても悲しい時、早く時間が過ぎ去るように静かに待つのか、あるいは他のことにエネルギーを昇華するのか、それを超えた後に得るものがあると自分に言い聞かせるのか。
そんな問いに対する一つの答えがここにあります。すーっと心にしみる言葉です。

ー決して太陽を失ったことで泣いてはいけない。星を見ようとするのを涙が邪魔してしまうからー
                   ラビンドラナート・タゴール インドの詩人 思想家