湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

病院内は乾燥、インフルエンザもはやり大変です。

最近は寒く晴れていることが多いので、富士山がきれいです。病院内は室温がどうしても高くなり、夕方西日が当たると汗ばむくらい暑くなる部屋があります。また空気も感染しているため、肌が乾燥してきます。しかし病室内では加湿器は使えません。インフルエンザに関連する患者さんも多く来院されています。
テレビではインフルエンザの集団発生で死亡者が出たことが報道されていますが、医療者が責められてもなー、と思いながらみています。これだけ蔓延していて家族も罹患し持ち運ぶ可能性もあり、またワクチンを打っている職員も罹患している状態のため、完全に院内における発症を抑えきれるものではありません。我々もマスク・手洗いには配慮し、ある程度インフルエンザの患者さんの入院は制限したり部屋を配慮しています。しかし院内で発生すると大変です。同室者や濃厚接触者には検査をしたり予防投与を開始したり。感染管理の担当者に報告などバタバタします。化学療法などして免疫力が低下している患者さんもいる病棟なので、より神経質になります。外来で化学療法をしている患者さんには、出来るだけ外出を控えるように話をしています。この乾燥と寒さでは、まだまだ流行は継続しそうです。