湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

ブログ

みつめるということと安らぎ

見つめることで安らぎが増す・・・・

おもしろい研究記事をみつけました。
人間の母親と赤ちゃんが絆を強めるのと同じような仕組みが犬と飼い主の間にも存在することを麻布大学や自治医科大学の研究チームが突き止めました。犬が飼い主を見つめ、飼い主がそれに応じると安らぎや信頼感などをもたらすホルモンが互いの体内で増えたそうである。

そのホルモンとは??
オキシトシンというホルモンである。
ヒトの親子や恋人どうしが触れ合うと分泌が増えることが知られていて、マウスにもそのような効果は知られているが、異種間でも同様のことがおきるのが確認されたのは初めてで、科学雑誌「サイエンス」に掲載されるという。
問診、外来診療でも安心を与えるためのアイコンタクトが大切だということか。
腹部を触診したときに、温かい手で触れられて気持ちがよい・・・とか、背中を撫でてあげて気持ちが良くなった・・・というのにも、このオキシトシンが関係しているのでしょうか。