湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

ロボットスーツHALと大和ハウス

HALというロボットスーツをご存じだろうか。
この日の日経新聞に、大和ハウス工業がサイバーダインというHALを作っている会社の商品を提供する、という記事が載っていた。HALは今、最も注目されている医療用ロボットであり、ホームページを見てみると介助者の負担を軽減するための支援ロボットも開発されている。

脳から神経を通じて筋肉へ送られた信号は、非常に微弱な信号“生体電位信号”として皮膚表面から漏れ出してくるが、HAL®は独自に開発したセンサーを皮膚に貼り付けその“生体電位信号”を読み取り、また様々な情報を組み合わせて装着者がどのような動作をしたいと考えているのかを認識し、動きをサポートする。この技術こそがHAL®のベースとなる先進テクノロジーである。脳は実際に体がどういう信号でどのように動作したか確認を行っていて、HAL®を用いて“歩く”という動作を適切にアシストしたとき“歩けた!”という感覚のフィードバックが脳へ送られ、脳自身も“歩く”ために必要な信号の出し方を学習できるのだそうだ。筋肉を補助するだけでなく、動作に対する正解を脳に教えてあげることの出来る唯一のロボットである。<次へ>

これを住宅メーカーである大和ハウスがなぜ着目しているのかといえば、将来介護施設や一般家庭でもロボットが生活の中に入り、人間を助ける時代がくるだろうと読んでいるからである。大和ハウスはすでに有料老人ホームなどの椅子を多く手掛けていて、将来はそれらを導入したホームなども作っていくのであろう。私もコストさえ安くなれば実現可能だと思われる。

入院してくる人たちの転倒転落はあとを絶たない。いくらバリアフリーになっていたって、下半身の筋力が低下していたら転倒はいたしかたがない。病院も対策は立てて転倒予防を行っているが、限界がある。根本的には入院して動かなければすぐさま筋力が低下し、病は治っても自宅で一人暮らししていたら生活出来ないから帰れない、ということとなる。以前に比べてリハビリを早く導入するようにはなっているものの、回復にまでは時間がかかる。それなら入院中からある程度ロボットを使い歩く感覚を落とさぬようにし、自宅に帰ってからもしばらくはロボットの力が借りられれば生活が出来るかもしれない。政府はさらに病床を減らして在宅で・・といっているが、家族でみる社会構造が崩れている以上、ロボットの力をはやく介護に導入していくことを検討したほうが良いと思う。それが上手くいけば、日本より遅れて高齢化社会を迎える他国のモデルになれるはずだ。このHAL、うちの病院で一般の入院患者さんのリハビリに使えないかなー、それで入院期間が短く出来ないかなーと思ってしまう。ちなみに大和ハウスはリースで月7、8万円から18.8万円程度での販売を始めるそうである。