湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

仙台徳洲会病院に当直応援に

今年度より交代で仙台徳洲会病院に当直応援に行くことが決まり、血液内科からは私が行くこととなりました。
東北にはあまり縁がなく(この間中国地方にも縁がないと書いたような気がする。ようするにあまり色々なところへ行っていないのだ)、弟が東北大学に通っていた時に2回ほど訪れた以外、震災の際にも応援には行っていないのです。

本当のところは何があったのか。仙台徳洲会病院の先生がたくさん辞めたということでしたが、そんなに理由もなく大学が引き揚げる訳ではないだろう。一体どんな事情なのか、行ってみなくては何も言えないだろうと思い、私が行くこととしました。そろそろ内科系の他の疾患(血液以外)や救急に対しても勘を取り戻さなくてはならないな、とも考えていたけれど、2日間の他院での仕事には少々不安もありました。でも新幹線が大好きな私は、まずは東北新幹線(かっこいいなー!)に乗れて、それは幸せでした。なんと美しい流線型!<次へ>

福島辺りはまだ山桜が咲いていて、そこに新緑が彩りとても美しい田園景色が広がっていた。本を読むのはもったいないくらいで、窓辺の景色を楽しみました。
さて、病院に到着すると昔の山崎にあった旧病院や茅ケ崎徳洲会病院の作りを思い出しました。廊下とか壁が何とも懐かしい感じ。築28年位だそう。震災のときに水漏れしたが、その後も改築していないそうです。
当日は到着後外来救急、夜間診療、その翌日は停電だったがそれまでに来た患者さんの対応。救急車は久々に4台。大きな疾患はなかったものの、忘れていることがたくさんあり復習しなくては・・・と思うことも多数あり、でもまだまだ身体はやれるじゃない、という思いもありました(後から応えるのだろうけど・・・)。看護師さんやレントゲン技師さん達の動きをみていると、救急車をたくさん受けいれててきたであろうことが推測されました。
皆がこれからどうなってしまうの??と不安を訴えていました。もうしばらく自分の技術向上のためと目標を持ち、月1回の当直応援を続けてみようと思います。ただ、外来を調節することで患者さんには日程調整してもらわなくてはなりません。

なんとその帰り大きな架線故障が郡山であり、東北新幹線運転停止。仙台駅で2.5時間の待ち。当直明けでどうしてこうなの??と思いながらも、仙台駅のお店を楽しんできました。