湘南鎌倉総合病院
  • 湘南鎌倉総合病院ホーム
  • 湘南鎌倉総合病院アクセス
  • 湘南鎌倉総合病院お問い合わせ
  • 湘南鎌倉総合病院プライバシーポリシー

 

震度3-4の地震 いよいよきたか!と思いました。

土曜日の夜8時24分。私は弓道教室がそろそろ終わりに近付き、片づけをしようとしていた時でした。突然横揺れがし、建物がガタンガタン、ミシミシという音がして、長く揺れが感じられました。このところ箱根や浅間山、口永良部島などでの火山性活動が増していただけに、いよいよ来た!と思ってしまいました。色々諸説がありますが、私は火山と地震の関係は信じている派です。
震度5レベルが発生した時には病院へ幹部は駆けつけなくてはならないことになっています。病院近辺の震度は3-4でしたでしょうが速報震度も分かりませんでしたし、血液内科病棟は14Fで横揺れが強いこと、エレベーターが停まったり患者さんが転倒するリスクがあると思い、病院へ向かいました。何ともなくてその後の余震もなく安心しましたが、マグニチュードのレベルは8.5と高く、今後も心配です。病院では地震発生時の訓練をしていますが、今日のような時間の発生だと職員は少なく大混乱することでしょう。東日本大震災のあとは常に着替えとメガネと充電出来るものを病院に置くなどしていましたが、それも忘れかけていました。再度備えを見直したいと思います。